上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は早朝の訓練~♪
雨もそんなに大したこともなく練習できた。
29日も雨みたいやし・・・。

ほんとにずっと競技会は雨ばかりなので、別にもう雨でもよいわ。
カイも私も雨に慣れることができるし・・・。

今回の本番はカイにちゃんと探させるようにがんばる作戦で!
精神的に安定する犬と指導手を目指してがんばるぞっ!
スポンサーサイト
台への出し方を今日は「もっと強めに言った方がいいです」と言われてそのとおりにするとカイの態度も違ってきた。
以前は「もう少し弱めに」と言われてその時はそれでカイの態度が良くなってきたのだけれど、その場の応用を効かせる!ということにもっと
敏感にならなければ!

いつも指導手が同じ雰囲気でしていてはカイの気持ち(犬はすぐに楽をしようとする)を変えることはできないのだ。

自分が目を覚まさないと~!!
といってもなかなか難しい事だと思う。
焦らず、日々前進・・・・今日の選別で学んだ事。

カイのテンションや気分をいかにして変えるか。
今までの練習で何度もカイのいろんな選別態度に対して訓練士の先生に対処法を実践してきて教えてきていただいている。

それをちゃんと自分で応用を効かせて実践して対処していかないといけないのに一つのことを言われればいつまでもそのままその通りのことをし続ける私。

犬の様にもっと賢くならないと・・・・・

昨日の夜中は突然、すごい雹の様な音の雨と強い風の音~!
しかし、朝になると小雨でラッキー!

あれだけ降ったら河川敷もビチャビチャかもと思い、お気に入りになった長靴も乗せて河川敷へ~!
まず、土手をカイと散歩をすると強い風が吹いていて飛ばされそうだった。

そして選別訓練が始まると、カイの選別態度はすごく良くて全問正解~!!
いつものカイのパターンである早とちりの思い込みのパクッ!というのも思いとどまり間違いを咥えることもなかった。

調子が良いので「ゼロ回答」も。
一往復して「ないっ!」と確信してすぐに足早に帰ってきた。
「そうや~♪」と褒められ、ゼロを正解するとすごく嬉しそうなカイである。
今日は風がすごく強いけれど、別に関係ないみたいである。

その後、「ミギ」「ヒダリ」の2回目を教えていただく。
カイを真ん中に立たせ、その離れた左右にボールを置いて、5m程離れて対面して立ち、まず左手を左方向に出してカイが左を見た時に「ヒダリ」と言って左側に走らせる。右も同様に。
この訓練の「犬と指導手との意思疎通」ができるのがとても嬉しい!!


散歩で見る桜はすっかり葉桜に

20060421130239.jpg


菜の花の前で

20060421130423.jpg

今日も張り切って訓練に出かけました。
なんと、良いお天気で気持ちがいいんでしょう~♪
やっぱり雲っているより、雨より、雪より、お天気はいいなあ♪
という心境の今日此の頃です。
又雨もいいなと思う心境の時もあるんだろうけどねっ・・・・。

さて、選別は
1回目、布をカイの鼻から少し離して嗅がせてみると鼻がピクピクと動いて「おお~っ! そうそう、いい感じ」と思いながら出すとカイの足取りも軽く、正解で帰ってきました。

2回目、なんかあまり鼻はピクピクせずでしたが、いつもどおりの感じで出すとなんとカイの足取りはものすごく遅くてのっそりのっそりと台までいき、正解を嗅いでもくわえようとせず、尾を丸めて困っていました。
手元でわからなかった様子です。
思わず「手元でわからなかったら、いきかけても帰ってきたらいいのに~」というと先生は「それが出来たらいつでも正解できますわ」と!
ははは! 手元でちゃんとわからせるように嗅がせるのが指導手の役目だよね。

以前に苦手な臭いで取れなかったのが取れるようになってきた布との事。

今日のカイは足取りで「正解するな」とか「ちょっとわからないかな?」とかの感じがよく現われていた。

選別の後、「前進」プラス「右」「左」を教えていただいた。
とても面白かった♪
もう桜は終わりかな?と思いながら家の近くにある桜の名所、妙見河原へ散歩に出かけました。
コースを変えると懐かしい犬友達に会えたり、珍しいアルプスの少女ハイジちゃんの世界のワンチャンを見たり、ボーダーちゃんもちらほら多いでした。
このボーダーちゃんはカイが近づくのを待ってくれていましたが「オスで去勢していないので」とお断りして飼い主だけ挨拶をかわしました。
このボーダーちゃんの名前は「竜太郎」君との事でした。

桜はまだ沢山残っていましたが、葉桜もなんと綺麗なこと~!
屋台はまだ朝早い時間だったので閉まってました。残念!!
カイはというと、犬の散歩が多い場所なので、もうクンクンと嗅ぎまくりでしたわ。
ピンクの絨毯の上を歩いてきました♪


myouken1.jpg



myouken2.jpg



myouken5.jpg


myouken6.jpg


myoukenn4.jpg

今朝は心配していた雨もましでいざ!河川敷へ~!
到着すると、長靴を履いてカッパを着用する。
この間の競技会でやはり雨の時は長靴が一番~!と悟った。
長靴を履くと河川敷の広っぱも今までの様に靴が濡れることもなく
安心して散歩ができる。 Goodやわ♪

誰もいなければ、カイをノーリードで思いっきり走らせたいが、残念ながらこの時間にノーリードで散歩に訪れる常連の人が3,4組いる。
今度は長紐を持っていこうかな・・・。

<選別>
前回、取り難い布を本臭にしての1回目。
やはり反応しながらも、すぐには咥えずなので臭いが薄いのかも?と!
しかし、今までのように違うものをパクッ!と咥えることなく、粘っているのはよいことである!と言われた。

カイが台に向かっているときにノーリードの犬が近寄ってくる。
カイは慌ててUターンして戻ってきた。
その飼い主さんは何も言わず台のそばに犬が落としたフリスピーを拾っていく。
「一言」いわない人が大嫌いで短気な私であるが、動揺してはカイの態度に響くので修行!修行!。
その後、カイもちゃんと選別を続けていた。

最後の1回は足早に行き、正解を咥えてルンルンで帰ってきた。
終了がわかっていたのか?

あと、ボールを3,4回投げて遊ぶ。
「前進」の時に「右」「左」の教え方はどうするのか質問して教えていただいた。
「右」と言いながら右を指して行かせる。
面白そうで散歩の時にやってみよう♪
今朝も近所の屋根が濡れていて雨模様だったが、大したことがなかった。

<選別>
今日のカイはしばらくの雨で退屈だったのか、すごくご機嫌であった。
選別の一,2回目はルンルンで足取り速くハイテンション気味。
あまり、ウキウキしていると慎重さに欠けてよくない。
カイの態度を見て「探せ!」ときつめに声をかけてください!とアドバイスをしていただく。
3回目で違うのを咥えて、ちょっとテンションが下がり、慎重になり次は正解。
今日は台の横でカイの嗅ぎ方を観察してください、と横で見せてもらう。
鼻をしっかりと使っているときと急いでいい加減になり順番を飛ばしてちゃんと嗅いでいない様子などを観察した。
やはり、慎重にゆっくりと落ち着いて嗅ぐのが良い態度とよくわかった。
その為には自信と心理状態がとても左右される。

河川敷で8歳の誕生日の記念撮影♪

(訓練後、「りんご」でお祝い)

DSCF0007.jpg


お世話になっているK訓練士の先生とカイ

DSCF0013.jpg

早く食べたいな~!

DSCF0032.jpg


美味しい~!!

DSCF0033.jpg


ガツガツ~!!


DSCF0036.jpg


ペロペロ~!!


DSCF0039.jpg


又おねがいします~!!

DSCF0053.jpg



DSCF0052.jpg

桜の花も雨に濡れて・・・

DSCF0002.jpg


「とべ~!」で、きれいに飛んだが画面にはカイのおしりだけ









もう一度「とべ~!」で、横を歩いてこようとする。
「こらぁ~! 飛ぶんじゃあ~!ボケっ!」で、飛んだ。


DSCF0006.jpg

DSCF0009.jpg

DSCF0008.jpg

DSCF0010.jpg

今日は競技会後の初訓練日~!

実際に私は今回のカイの態度にすご~く落ち込んでいた。
競技会当日までは選別というものはどうなるかわからないということは
承知しているし、私もドキドキせずでカイにあまり期待しないで臨んだ競技会だった。
しか~し、カイの状態から出る直前には心の中で3○を期待しながら出ていた。(爆)
ところが、なんとカイは選別するどころかただ前の布を咥えて持ってきただけ・・・。
あっ!という間に3回が終わり、審査員の方に笑われて終わった!
なんと、悲しい事~!!と頭の中はずっしりと落ち込み状態。

でも、今日の訓練日で「選別とはこういう時もある。いちいち落ち込んでいたら1部選別はやっていけない」との言葉に気持ちもすっきりとした。
練習の過程は楽しいし、カイと一緒にしたくて始めた訓練である。
競技会という目標が前進する励みになるが、いちいち落ち込むのはまだ
まだ早い。
自分はとってもマイペースな生き方だし、の~んびりしているが、悔しさだけはいっちょ前に感じ過ぎる(爆)
もっと修行が必要なんやわ・・・笑。

これからも何度もこういうカイの態度を経験することだろう。
でも、諦めずに目標に向かって努力することは大事!
好きなことをさせてもらっているんだから幸せ。

さて、今日のカイの選別は落ち着いて嗅いでいて良かった!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。