FC2ブログ
今日は訓練日。
曇っていて蒸し暑さも感じる今朝~!
早々に排便を済ませたカイなので、いきなり訓練ではなくて、
カイも私も気持ちを整えて練習に臨むようにする。

初回の3回はクンクンとじっくりと嗅いで良い感じで正解する。
先生も「落ち着いていて良い感じですよ」と!
このまま、続けていきたいが中盤でややこしいカイになる。
集中に欠ける。
違うのをパクッ!と咥える。固まる。
というまだまだ弱い態度が出る。
これが課題・・・。

練習の時は私も平常心で出来るが、これが本番だったらやっぱり心臓がドッキンドッキンと聞こえて布の当て方も焦るのだろうなという気持ちもよぎる。
ほんとに集中できている時はそれを通り越してドキドキとしないものである。
何があっても落ち着いて冷静なので特に動じることもない。
が、いつもそういう気持ちになれる事はとても難しい事である・・・・。
なので、こういう気持ちになれる場面を少しでも多くできるようにしていきたい。

お友達が私に言ってくれた言葉が心に響く。
いつも私はカイに「動きは遅いし、意欲的タイプではないしカイはあかん!」と思っている私がいる。
「服従もカイは真面目に正確にするし、うちのカイはこんなにできるんです!ともっと指導手が自信を持って思ってしないと頑張っているカイ君に悪いよ」と!
こんなことを親切に言ってくれる人がいることをあり難く思うとともに
自信は努力から生まれるものなので、自分の努力あるのみ~!
もっと自信たっぷりな自分になれる事も大切。

しかし、タイプ的に自慢する人とあまり自信たっぷりの人はなぜか好きになれなくて(爆)どちらかと言えば、謙遜的な人の方が好きなんだけれど、
今はそういう問題とちゃうね・・・。
自信たっふりになれることは素晴らしいことやと思う。

保育園の子供が何度も折り紙で「せみを折って~!」と持ってくる子がいるし、紙鉄砲を「パ~ン」と鳴らした後、自分で元どおりにできなくてその毎に「して~!」と持ってくる子がいる。
「もう、そろそろ自分でできるでしょ」と言うと「だってできないも~ん!」と言って自分でする気が全くない。

私曰く「できない!と思ってるからできないねん。やってごらん!」という私。
人に言ってるけど、こういう所は自分にもあてはまる!と、言ってから
はっ!とする。

やろう!という努力に欠けるんやね・・・・。
自信は努力することから生まれるのである。


k826-1.jpg

スポンサーサイト