FC2ブログ
今日は小雨が降っていたが、河川敷に着くと小降りになったような気がする。
河川敷には少し歩くと橋の下があり、傘をささなくても訓練が出来る良い場所がある。

今日のカイも良い感じであった。
先生も「気合いが感じられて良かったですよ」と言って下さった。

カイはいつも台へ行くスピードが遅くて私が追っても悠々としてあまり効果がないのだけれど、先生がスタートラインのそばへ来られるとカイは手元での臭いの嗅ぎ方も焦りまくり、目玉はキョロキョロと先生の様子を伺い、台へ行くスピードも早足で台の前でも必死に嗅ぐのである。

私と先生との差が違いすぎて、自分の訓練に対する「厳しさのなさ」を反省するのであるが、これは誰にも助けてもらう訳にはいかず、自分自身で実践できるようにがんばるほかないのである。


今日は「自分の力」でもカイを動かすことが出来るように先生はスタートラインに付かずであったが、少しはカイも早足になった。
「できない」と思えばできないし、何とかしなければ!と気合いが入るとカイに通じるものである。

今日も良い感じで終了することができてカイも嬉しそうであった。

<妥協は禁物>
私は自分で妥協してしまう面が多分にあるが、それに気づいた時は妥協しないようにしなければ。
例えば、食事をしている時に、カイが何か貰おうと思ってじっ!と我慢の子でこちらを一心に見つめている。
パンをひとかけら与えて「もうおしまい!ハウス」というとカイはスコスコと部屋に入るのであるが、しばらくすると又部屋から体一つ出て、一心に見つめる。
こういう時に「健気だ」と思って又ひとかけらを与えてしまう。

カイは私に又、もらえるとわかっているので、何度も出てくるのである。
今日は一回与えただけで「もうお終いと言ったらお終い!」と毅然として与えなかった。
こういう今まで妥協していた態度が訓練にも多分にピリッ!とさせれないことに繋がっているんだね。

妥協は百害あって一利なし~!!
これからもがんばるぞ。
こちらの態度はすぐに通じるということはカイを見ていて充分実感してきていることなので、自分自身もピリッ!としなくてはね!

カイがしていることはカイが悪いのではなくてこちらがそうさせているんだと肝に命じて反省~!

昨日、さらださんから「親ばか面白画像コンテスト」のプレゼントをいただいた。
写真&ネーム入りですごく嬉しい♪ ありがとうございました。

k912-1.jpg



k912-5.jpg

スポンサーサイト