上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
曇り空の今朝で、訓練に行く途中の前方の空は灰色で今にも雨が降ってきそうな気配・・・。

公園で駐車場に車を停め、カイの排便を兼ねて散歩していると雨がポツポツと降ってきたので慌てて車の中へ。
でも、大した雨にはならなくて黒い雲は移動していき、次第に空は明るくなってきた。
ラッキー~!!♪

今日の選別は→
前回はカイが自発的に嗅ごうとする態度を待つのが、なかなかうまくいかず、少し強引さを取り入れて口を閉じさせた。
今日は「焦った強引さは禁物であくまでもカイの態度を見ながら、声掛けをし、タイミングをとっていけるように」という始めのアドバイスをいただき、心がけながら練習をする。

すると1回目、よいタイミングでうまく口を持つ事ができた。
とても良かった!と褒めていただき、嬉しくなる。
カイが嗅ぐ意識でじっ!と口を閉じ、うまくタイミングが取れた。
この意識が出たのはとても良いことである!と。

手元でカイの鼻も「ピクピク」とよく動いている。
スポンサーサイト
今日は早朝の仕事がある為、早く起きた。
カイと庭でしばし、朝のくつろぎ・・・。

バラの花が開くと何だか嬉しい♪

j628-2.jpg


カイのまだ眠たそうな顔~!・・・

j628-3.jpg


j628-4.jpg


j628-8.jpg

今日は朝から暑い日~!

公園に着くと先生はすでに溌剌と他のワンチャンの訓練をしておられて汗が~!
服従訓練を見たかったけれど邪魔になってはいけないし、カイの散歩をして廻る。

カイの選別は暑さを考慮して木陰に設置して下さったが、蚊が多くてあちこち刺される。
その点、河川敷は蚊はましだったな・・・・。

さて、今日のカイと私は、う~ん!なかなか思うようにいかず、一つましになると一つがよくない。
というか、私がバタバタと手こずっている。
先生とカイのやり方は「技」が要り、見ていて無駄がないのである。
う~ん! 難しいけど、カイと私の気持ちが一致しないとあかんのやね・・・・


昨日は1日中、雨であったが、今日は晴天~♪
青い空に白い雲がお魚の様に浮かんでいる。

さて、今日のカイの選別は→

始める前に先生が「出来れば短期集中型でなるべく1回で聞かせるように」とのアドバイス。
その方がカイにとってもプラスになるし。
で、焦らず落ち着いてカイをよく観察するように心がける。
しかし、声掛けがおろそかになっていることを指摘される。
いつも適切なアドバイスをしていただけるので、なるほど!とよく理解できる。
そしてうまくいった時は「今のは良かった」と言ってもらえるので具体的によくわかる♪

今日のカイは前回よりもこちらのタイミングがとりやすい態度で口をとじてくれた。
臭いの嗅がせ方もじっくりと嗅がせていて一体感があり良い!と。

しかし、本番に向けて自信がつくまで、まだまだ練習が必要であるが、楽しみである。

で、今後のレベルアップできるためのアドバイスは私の声掛けのトーンを使い分けることができるように!と。
今はまだ中ぐらいの強さであるが、カイの態度を見ながらきついトーンで聞かせ、態度がよくなってくれば普通のトーンでも聞かせられるようになる!と。
なのでしっかりと観察し、適切なトーンの声掛けを使いわけることができるようにならないといけないということ。
気合いと本気と集中力!


追伸;
カイが家に来て3ヶ月後に買い替えた軽四。
カイが9歳なので車も9年目を迎えた。
私とカイをあちこちいろんな場所へ無事に運んでくれて感謝です。
ありがとう~♪の気持ちを込めて記念撮影~!

j623-7.jpg


j623-6.jpg


j623-4.jpg

今日は訓練日・・・となると「車の練習」も兼ねて朝早くからハッスルする私。
人や車がまだ少ない朝の5時過ぎに行動開始!
又、今までの軽を駐車場に移動させ、走って帰り、狭いカーブの道をじっと見て頭に「ここまでまっすぐきてそれから少し右にきってまっすぐ行けば川にもはまらないし、左にある石にも当たらない」とイメージする。
いよいよ今度は誰にも見てもらわずに自分で通過しなければ!
そして「行けた~!! やれやれ」
そして駐車場にとめておき、又走って帰る。

7時過ぎにカイと歩いて駐車場へ行き、訓練の時間まで少し走ってみよう!と昔の職場の近くにある手作りパン屋さんへパンを買いにいくことにする。
無事に到着したが、ほしい目的のパンの「山型クロワッサン」は8時にならないと店頭に出ないらしい。
まあ、いいや! 又来よう!と今度は違う道を通って訓練場所まで慎重に運転する。
無事に着いてやれやれ~!!
乗らないと慣れないものね・・・。

何でもすぐに習得できる人もいるが、自分は不器用だし慣れるまでに時間がかかる。
こういうタイプは慣れるまで充分、努力と経験が要るのだ!(爆)
自分でもう大丈夫!と思って安心できるまで自分なりにやらねばならない。
遠出をする時も安心できるように充分、時間を見込んで出発する。
初めての道はなおさらである。
まして人を乗せる場合となると一人の時以上に充分、精神的な余裕を持って出発しなければ、あとで悔やんでも取り返しのつかないことになってしまっては遅い!のである。

さて、今日のカイとの選別は→

前回、カイが下を向いて拒否する態度に手こずったが(先生となら素直な態度なのに)、今日は前回の訓練の効果がありで、割合、カイの拒否する態度がましであった。
あまり下を向かず、やりやすくなったが、カイが口を閉じるのと私が持つタイミングがうまくつかめないで焦ったり迷ったり。

カイと先生のタイミングを見ているとよくわかるのであるが、自分がするとまだわかっていない私である。

でも練習を重ねていけば、カイとのタイミングもあってくることと思うので焦らず練習~!である。
前回は良い感じだったが、今日はカイとのタイミングがうまくいかない。
私のタイミングがずれるし、カイは下を向いてしまうし。
暑くなってくると口をとじにくくなるので余計にやりにくい、と言われるが・・・。
カイの気持ちが、上向くようにがんばらねば!です。

j616-8.jpg


アジサイも暑そう・・・

j616-9.jpg


j616-10.jpg


今年の岐阜の大会でいただいたバラ♪

j616-1.jpg

梅雨入りとのことで朝から雨が・・・・
でもそんなに大したことはなくてラッキー~!!
カイと訓練に出かける。

公園に少し屋根があって雨がしのげる良い場所があり、まさにGood~


今日のカイと私はだんだんと良い感じになってきていると先生に言っていただいてとっても嬉しい~♪
まだまだ先生とカイとのようにはいかないけれど、カイとの訓練が楽しいし、頑張っているカイに私もしっかりとしなければ!

これから秋まで競技会はオフ期間である。
秋に自信を持って出られるように練習~!です。
カイとの選別の嗅がせ方の先生のやり方を教えていただいて、私は初めはうまくできないし、今までの感じと違うし、違和感があったが、それが回を重ねる毎に違和感が薄れてきているのを感じる。

今までは「気合いを入れなくっちゃあ!カイ!しっかりと嗅げ~!」とカイの気持ちよりも自分が必死になっていたんだなぁ・・・と思う。

先生の嗅がせ方はもちろん気合いは入りながらも、集中してじっくりと嗅がせ、褒めことばをかけ、そしてちゃんと犬に使命感を持たせて送り出している。(選別は作業だから)
言葉や文章ではうまく表現しにくいが、犬と指導手の絶妙なタイミングがあるのよね。
これはよく犬を観察してサインを見つけ、相手の気持ちもちゃんと尊重して訓練しておられるからその犬にあったやり方を見い出せるのだろうなあと思う。

感心ばかりしていないで、私もがんばらなくちゃ!です。
しかし、カイは人をみているので先生の指導手の時と私の時とでは態度が違います。
まだまだ私の時は私の声掛けに一発では聞かない。
それは「○○さんは中ぐらいの強さで言っているから」と!
中途半端ではいけないということ!
この加減がまだわかっていない自分である。
何回もいうよりも一発で聞かせ、無駄をなくさねば・・・。
次回はここから攻めてみよう。
訓練をしていて、自分のやる事だけに必死になってしまう自分なので、相手をじっくり観察するという大事なことに欠ける。
だから相手の気持ちも無視してしまいがち・・・。

訓練士の先生がカイに自発的に嗅がせるやり方を教えていただいて本当にそう思う。
「練習をしていたら、だんだんよくなってきている」との言葉が嬉しく励みになるし、頑張りたいと思う。

訓練はこのやり方が正しいということはないし、どの犬にもあてはまるということはない、犬と訓練して犬の出すサインを見てこの犬にはこのやり方がいいかなという方法で練習すればよい・・・と言われる。

う~ん!言われていることはよくわかる。やはりこれを実践されるプロの方はすごい。
素人はなかなかこういう訳にはいかない(特に私は教えて貰わないと・・・)
又、再び、カイと私との選別訓練。

訓練士の先生に「手元の嗅がせ方」の私の指導をしていただき、「訓練」とは相手も生きている者であるんだということの大切さをすごく感じる。
だから、どうするか・・・ということが大事なんだなと思う。

スポーツでも「センス」のあるなしをよく言われるが、訓練もセンスと感性のあるなしですごく違うよねえ・・・・。
自分はこのセンスはない!
このセンスというものは持って生まれたものと努力かなあ・・・?

競技会本番でのカイと私との低迷でその原因を探る為、先生がカイの指導手をしてくださり、どうも「嗅いでいるふり」をしているようだと!
で、先生のカイを観察した指導手としての嗅がせ方は、まさにセンスありでさすがプロ・・・。

さて、この相手が生きている者に布を嗅がせる微妙な嗅がせ方。
私がすると言葉かけは「うわべ」だけ・・・
心から言葉を掛けなくては相手に通じない。
ほんまにセンスがない!
しかし、カイとの心一致した選別めざしたいし。
カイの前進ではなくて、自分の改革・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。