上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いろいろあった霧が峰・・・・。
涙、涙の霧が峰・・・から1週間。

今日は帰ってきてから2回目の訓練日。
カイは霧が峰の現地でも帰ってきてからもとても元気で過ごしている。
そして選別の態度も良く、調子が順調である。
日頃、熱心に教えていただいているお蔭である。

次回の競技会に向けてガンバ!である。
スポンサーサイト
今日の選別では、カイの選別態度を観察することにより、どのぐらいの調子であるか(選別への気の乗り具合、自信のあるなしの程度、どのぐらい調子が上がってきているか)の見極め方の良い勉強になった。

1回目はまだ気が乗っていず、間違えた。
しかし、1回目は特に気にする事もない!と。
2回目は正解を咥えるが、まだまだ自信のない咥え方である。
そして3回目、4回目となるにつれてだんだんと調子が出てきて慎重さや粘りや布の咥え方に自信が見られる。
しかし、又フッ!と集中が切れる時があり、渇を入れて慎重さを取りもどす。
このカイの調子の上がり具合を把握することが大切だ!と。

今日は自信がついた所で薄い臭いに挑戦。
薄い臭いも「探さねばいけない」という認識を持たせる為。
これが成功しないと、自信をなくしてしまうので重要な場面である。
手元でしっかり集中して「嗅げ」と念じ、台へ送り出す。
カイは真面目に選別して成功~♪
2回目も同じく♪

今日の練習内容はカイの態度といい、パターンがよくわかり、いつもながらよい勉強になった。

カイがよくても、あとは私自身のコントロールである・・・・。
現場でそわそわ、おろおろしていては何にもならない!
先生曰く「・・・それはどうしようもないので、自分で頑張ってください」と!
全くその通りですわ・・・。
まずはじっくり落ち着いて。
カイは物に動じ易いし、廻りの環境に左右されやすいし、気で負けるし、(おまけで平和主義)。
でもこれって、カイの姿は飼い主の姿なのだ!・・・と思う。
(私はカイ程の平和主義は持ち合わせていないけど・・・。)

だから、カイには毅然とした態度でリードしないといけないのである。
犬の人の心を見抜く力は抜群である。
こちらが毅然としていないとカイはフラフラ~!フワフワ~!としてしまい、いい加減な態度に出てしまう。

犬にとって飼い主は頼りがいがあり尊敬でき、安心して付いていける存在でなければならないんだ・・・・と今更ながら思う私である。

それにしても今、安心しきって気持ちよさそうにベッドで寝ている姿、表情はなんといとおしくて癒されること~!!

こんな可愛いカイの為にしっかりと毅然さを持たなくては!と思う。
今日は快晴~♪
公園の木蔭では又、又「蚊」が復活していてしつこい!

1回目の様子はいつものごとく覇気のないカイであるが、
2回目、3回目と、だんだんよい感じになってきた。
カイの態度に応じて、台に送る時におしりを「ペン~!」とたたいて気合いを入れたり、台の途中まで歩いていきカイにしっかりと嗅がせる、などのアドバイスをいただく。

すぐにパクッ!といかずに全部の布を嗅いで慎重に判断する粘りのある選別を見ると嬉しい♪
「今日のカイに薄い布を入れるのはどうですか?」との先生の質問に
「できると思います」ということで、薄い臭いに挑戦。

「できる」と言ったからにはしっかりと手元で嗅がさねば!と気合いが入る。
1回目、鼻がよく動いているし、カイも真剣に嗅いでいるのが感じられた。
そして台の前で落ち着いて嗅ぎ、正解を咥えることができた。
2回目も気合いを抜かず、「しっかりと嗅ぐんやで~!」と念じて手元で嗅がせる。
そして2回目も成功!

うん!よかった、よかった♪
先生も「うん! よい集中です」と!
この気合いと集中が大事なんだな・・・とよい経験ができた。
カイの選別はスロースタートである。
1.2回目は自信がなくてまだ気が乗っていない。
回を重ねる毎にだんだんと気も乗ってきて良い選別態度になってくる。
しかし、途中でふと集中が切れるときがあり、油断や焦りで間違いを咥えてしまう。
途中で何が起こるかわからないのがカイ・・・。

なので、今日の練習内容の予定がその時の様子にて変更する。

1日の練習回数、内容、終了の仕方も適切な時を見極めて決まるし、
競技会本番前の練習内容を何回するか、どこで布を替えるか、どこで切り上げるか、などでカイを本番で一番よい状態に持っていけるように配慮しなければならない。

今日は薄い臭いでの選別で焦る事なく、慎重に嗅いで判断し(1番から順番に嗅ぎ、往復して戻り、粘って確認して咥えることができた)、ここで終了。

次回に繋がる練習&犬の態度と癖をしっかりと観察することが大事なんだなあ・・・と痛感。

霧が峰では独特の雰囲気が漂う中、待ち時間も5頭いれば1時間かかる。
人も犬もよい状態で出場できるようにしなければならない。
カイの態度で「いけない」時はしっかりと指導、注意をすること。

手元での態度、台で間違って咥えた時、集中が切れた時、の対処の仕方をしっかりとカイに伝わるように注意をしていくこと!

カイが焦って早足になるとか、台での嗅ぎ方がしっかりと一つ一つ嗅げていないときは正解をしていてもよくない。
慎重、且、落ち着いて嗅ぐ態度が大切である。

指導手が落ち着いて犬の態度を観察し、良い状態へ導き持っていくことが大切である。
う~ん! こりゃ、選別の訓練て観察力と見通す力がいるし、もちろん毅然とした態度がいるし、布の置き方を考えることも重要だし、ボオ~ッ!としていては絶対にできない訓練やな・・・・と今更ながら思ったり・・・・。
自分には持ち合わせていない要素がいっぱいある・・・・。
だから、少しでも身に付いていければ嬉しい。

PD福井大会の記念撮影♪

o1010-3.jpg


o1010-5.jpg


o1010-8.jpg

薄い臭いはやはり難しいんやね・・・・。
いつもの臭いで練習したあと、途中で薄い臭いが入ると、カイは「ない」と戻ってこようとしたり、嗅いでも取れず。
しかし「探せ!嗅げ!」と言われると固まった。

私の「こらっ!嗅げ!探せ!」と声をかけてもじっと動かずで、しゃがんでいた先生が立ち上がると動いて嗅ぎ始めた。
先生の動きで嗅ぎ始めるのではなく、私の声で動かさないといけないとのこと!
ほんまにそうやわ・・・。

訓練士の先生と私ではそりゃ、雲泥の差があることは当たり前であるが、私のカイに対する訓練時の姿勢がカイにとってはまだまだ甘いんだということがよくわかった。
普段の生活と訓練の時とのけじめをもっとつけないとあかんな!と思った。

時々今日の薄い臭いも経験して、薄くても諦めずに探せるようになれば嬉しい。
カイはすぐに諦める癖があるし(爆)。
でも、今までの先生の指導で誘惑の布があってもそれに負けず粘って探せるようになったり!といろんなことを乗り越えてこれたし、学習することは素晴らしいし、犬ってどの子も素晴らしいと思う。

人間もすぐに何でも習得できる人もいれば、努力と時間をかけて習得する人もいる。
どちらも同じほど素晴らしいよね。
カイの訓練を通じて考えさせられることが一杯ある。

福井の反省→

今回は本番前の練習や出す時に先生に見ていただき、アドバイスをしていただけるという安心感があり、自分的に落ち着いて出す事ができた。
(何度も競技会に出ているのに、いつまでも依頼心を持っていてはいけないのであるが、私とカイのペアはまだまだ心の修行が足りない)

カイはこちらが毅然としていないと(緊張や不安感、ドキドキ、焦りを少しでも持つと)すぐにそれを見抜いて真面目に選別しなくなる。
本番に出る前のこちらのカイに対する態度の大切さをすごく痛感したし、いつもながら勉強になった。

今大会はとっても風が強かった。
まず、布をしっかりと落ち着いてカイに嗅がせること、
そしてカイに真面目に選別させる気持ちを持たせること、
しっかりと台へ送り出す事、
を心がけて本番へ臨む。

競技会本番では1分間の時間制限があり、練習では落ち着いていても無意識に焦りが出てしまったりする。(これは平常心でない証拠であるが)自分のいつもの練習で充分間にあっているのでそのタイミングでよいのであるが、今日は風が強いため、慎重になりすぎて長く嗅がせ過ぎたとのこと。

風が右から強く吹いていれば、体でそれをガードして嗅がせるという応用も良いとのアドバイスをしていただく。

カイの1回戦の選別態度は台でよく嗅ぎ、探していたので良かったとのこと。
2回戦は超うすい臭いでカイは全部の布を嗅がずに1番をすぐに咥えてしまったが、今後カイに自信をつけさせながらも薄い臭いにも対応できるような練習を取り入れるとのこと。

平常心、気合い、自信、日頃の練習の積み重ね、研究心、・・・選別とは(他の課目もそうだろうけれど)単純な作業の中にぎっしりと大事なことが詰まっている。
そして犬と人のペアがどちらも力を合わせて一体となれた時の
嬉しさ&楽しさと感動が詰まっているし・・・。
まっだまだ未熟なカイと私のペア。
焦らず一つ一つの経験値を大切に、前進していけたら嬉しい。
今日は又暑さのぶり返し~!
公園では又、いやに「蚊」が復活している・・・・。

今日のカイは落ち着きがなくて、焦り気味~!
同じ○(正解)でも昨日の○の内容の方が良かった!と。
その日のお天気や周りの様子(隣のグラウンドでは大勢の人数でソフトゴルフが繰り広げられていてアナウンスや笛の音が聞こえる)により、
カイの気分が違うのか?、実際のところはカイに聞いてみないとわからないが・・・。
廻りの雰囲気に左右されやすいというか、神経質というか、気まぐれというか、脳天気というか、気が小さいというか・・・・ちょっとまて!これって飼い主もそっくり? 
そんなことを言っていてもしかたなく、しっかりと集中できるようにどちらもがんばるのみ!です。
今日も暑くなくて、ちょっと曇っているけれど爽やか~♪

カイの足取りも軽快である。
今日の選別も気分が良さそうなカイでスタート♪
集中もよく出来て嗅いでいたが、その中で1回、ふっと早まり1番に行ってすぐに1番を咥えてしまった、その後、正解の4番を咥えたが、慎重さに欠けたので「いけない!」と叱る。
叱った後の選別では、「探せ!」を強めに言ってカイの近距離まで行き、しっかりと嗅がせるように見届ける。
すると、その後の一つ一つの嗅ぎ方が慎重になった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。