上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カイは頭で考えるし気が弱いし、すぐ自信を無くす。
「ゼロ回答」の練習で、もしやないのか?という頭があり不安になっている様子。
ゼロの練習をすれば、必ず訪れる現象であるので心配はしていないが、カイ!元気だせ!
自信を持たせ、又ゼロの練習をする、という繰り返しの練習である。

なので、本番の成功目指してガンバ!
これが出来た時ってすごい喜びになる。

犬にプラス思考って言ってもわからないけれど(爆)選別を通して、人もプラス思考って大事だな!と実感できる。(笑)
何事も充分考えることは大事だけれど、それが先に不安感を持ってもしかたのないことで、
自分の力を充分に発揮できないよね。
だから、自分を信じて充分に力を出すことが成功へとつながるんやね・・・・などと
ちょっと余談な話になりましたが。

どうでもええことやけど、
数日前、朝起きてカイを庭へ出すと今日は花壇に排尿をひっかけているではないか!
母に「ここではさせないで!」といわれている場所やし、
「カイ!そこはあかんというてるやろ!」と言いながら、ひしゃくに水を入れてかけ、もう一回水を掛けとこ!と、引き返した時に、
庭のつたい石のみぞにつっかけの先がひっかかって、立っている状態から思いっきり90度、石の上に叩きつけられてこけた。

ひしゃくは「カンカラカ~ン」と飛び、私は両手をつき腕立て伏せのひしゃげた状態に。
すぐに立ち上がったが、両膝と胃とお腹を打撲。(午後から筋肉痛)
ジャージの膝の部分が石で破れた。
両手のひらが痛い。
ひしゃくの音にカイが飛んできて、私がこけた場所をクンクンと嗅いでいる。
おおっ!犬の鼻ってやっぱりすごいな、なんて思いながら、一番のショックは胃とお腹を打ったこと・・・・・・・。
これはやっぱりダイエットが必要やな・・・・・。
それから、教訓1、朝起きてぼお~l!としてつっかけをひっかける事がどれだけ危ないかがよくわかった。
これから気をつけよっ!と。
それから、カイは人が見ている時と見ていない時とでは、行動が違う。
これって嫌やわぁ。
スポンサーサイト
カイは私の都合でお泊りさせていただいていたので、25日は久しぶりのご対面~。
とてもご機嫌で元気そうなカイ!

そして折角なので公園で選別練習。
今日のカイはいやにのんびり~、まったり~!としていて・・・・・・。
私も旅行帰りでぼお~っ!&のんびり~!としているし(爆)
こういう雰囲気って、すぐに察知するし、伝わるんやね!
先生曰く「まあ、久しぶりやし、今日はこんなものでしょう!」と(笑)。

今はピリピリ感がないし、又、競技会に向けてそろそろ気を引き締めていこう。

27日→

1回目に、1番から5番へ行き、もどろうとした。
ゼロ回答の練習の後遺症である。
即、先生が走って行き、カイに「いけない!探せ!」と。
カイも目が覚めた感じである。
こういう所がやはりプロ。
早めにピリッ!と感をカイに与えること。
そうするとカイも慎重に探すようになるし。

私もぼお~!とせず、正解があるのにカイが戻ろうとしたら、即、声掛けをしなければ!
今日の訓練は「ゼロ」は、なしで。

有回答もカイの中で「ゼロかもしれない」という頭が働いているので時に粘りのない
選別態度が見られる。
そんなに頭で考えなくても、ただいつもの様に「同じ臭いを探す」だけでいいのに~!と思うが、選別をする本犬にしたらただそういう訳にもいかないらしい。

先生が布を刺して下さり、正解の番号を教えていただく。
口で「ゼロです」と言って手で5番の合図をされた。
アホな私は「へえ~! 今日はゼロは、なしやったけどやっぱりゼロをするんやな」と
初め思った。
ほんとに何も考えない単純なわたし(爆)
カイに「ゼロ」と思わせてほんとは5番に正解あり。

で、カイは5番に正解があるのにやはり頭で「ゼロ」と考えて戻ってこようとし、「こらっ!探せ!」と声を掛ける。

で、今日は1番が正解というのが続いた。
するとカイは「そんなことはないやろ」という頭が先に働いて戻ってこようとしたり。
なので、いろんなフェイントに対応できる練習も必要とのこと。



今週は11日に参加したPD京都の反省&今後のポイントに向けての練習。

京都の競技会前の1週間のカイの選別訓練の成果は日毎に良くてすごいものがあった!。
「ゼロ回答」を入れての練習であったが、これが段階に沿ってすごい成長が見られた。
この1週間は感動物でした♪

しかし、今週は本来のカイに戻った。(爆)
というより、「ゼロ回答」の練習をすれば、必ず現われる態度がある。
頭で「ゼロかもしれない」という思いが宿り、粘りがなくなる。
そして、有回答の時に戻ってこようとする。
今日は二回、続けて同じ態度で戻って来ようとした。
この時にはすばやく「探せ!」の声掛けをしないといけないと教えていただく。

この練習を練り込んでいけば、「ゼロ回答」の正解率が上がってくるようになるとの事。
最近のカイは間違った時の立ち直りも早くなり、ゼロの練習による有回答の弊害も以前に比べて数段よくなっているのが感じられる。
このことがとっても嬉しい♪

選別訓練は競技会本番も興味深いが、日頃のこつこつと練習していくことも楽しい。
出来た時はカイも嬉しそうだし、一緒に喜びを味わうことができる瞬間ってすごく嬉しい。


今週のカイの選別訓練は「ゼロ」を入れての練りこみ!

有回答の正解率が安定してきているので、「ゼロ回答」を入れての練習。
するとカイの頭に「ない!」との不安がよぎり、ゼロの自信がなくて台の前でこちらを向き固まってしまったり、次の日も台に行く足のスピードが遅くて不安気な雰囲気がいっぱい漂う。
1番から5番まで嗅ぎ「ない!」と思うとカイの体に焦りが走り、パクッ!と1番を咥えてしまう。
という状態から、又、有回答でカイの調子をあげてからゼロを繰り返し練習し、その日にゼロを成功してから終わるという訓練。

すると次の日は足のスピードは遅いが、固まらずに戻ってこれたり、
その次の日は1回目からよいテンションで慎重、且真面目な選別態度で有回答もクリア、ゼロ回答は「ない!」と思って1番を咥えかけて自分で思いとどまって帰ってこれた。
少しづつ、日毎にゼロの不安がやわらいできていて成長が目に見えて現われてきていた。

そして今日の訓練では、一つ一つよく嗅いで正解し、ゼロ回答は不安気になることなく、きれいな選別で自分で確信して判断して戻ってきた。

すごい~!!!

以前に比べて立ち直りが早くて精神的にすごく強くなっている!
今日の訓練は満点のカイだった。
思いでに残る感動の訓練日である。

これも、カイのくせと性格を把握し、カイの心理を見通して適切な指導をしていただいているお蔭である。
あと、大会では普段の力を出せるようにカイと私ががんばらねば!である。
やっと写真をPCに取り込んだ。
そんなに撮っていないけど、最近の写真をUP♪

霧が峰に行く途中の諏訪SAにてのカイ

nihon-8.jpg


大会当日の山の風景(雲っていたけど)

nihon-12.jpg


リティ君(選別会場にて)

nihon-15.jpg


家の近くでの散歩にて

nihon-37.jpg


和太鼓出演の後でお友達と

nihon-41.jpg


Jさんからいただいた横浜のお土産の「しゅうまい」
「美味しゅうございました~♪」

nihon-43.jpg

朝方に雨が降っていたけれど、カイの訓練時間にはやんでラッキー!
そして家に帰るとパラパラと小雨が・・・。

カイの選別の有回答の正解率がすごく上がっているし、不安で固まった後や、叱られたあとも以前の様に頭が真っ白になってパクパク状態になるというカイの弱さが抜けてきて、強くなってきているのを感じる。

選別訓練を教えていただいてから選別というもののなんと微妙で微細な訓練であるか!ということを事あるごとに感じてきたと共に、カイの性格やくせや心理にたくさん触れることができた。

物に動じず、叱られても強く明るく選別できる犬もいるだろうし、意欲的にできる犬もいるだろう・・・。
しかし、カイは気が弱いし、物に動じるし、集中力も短いし(歳を増しているし)、それにいい加減にする不真面目さも持ち合わせている。
飼い主に似ると言われれば、まあ、私もカイと同じようなものですが。

もちろん、競技会が目標ですが、選別を通してカイの弱い面が少しでも強くなれたら嬉しい、カイの弱い所を強くしてやりたい、との思いを持ってきた。
なので、何よりもカイの弱かった気持ちが確実に強くなってきているということがすごく嬉しい事なのです♪

カイは新しい事にはなかなか慣れるまで時間がかかるタイプだし、グッ!と急速に伸びるタイプではない。
これもカイと私のペアに根気よく諦めずに指導して下さる訓練士の先生のお蔭である。

霧が峰では見学していて不持来の△も割合に多かったように思う。
「ゼロ回答」というのは犬にほんとに強い勇気と自信があってこそ成功できるのだろうなと思う。
「勇気と自信」て素晴らしいよね♪








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。