FC2ブログ
昨日、河川敷で非常識な飼い主に腹を立て、自分の気分を大分沈めてから選別の自主練をした。
1回目、2回目、3回目と良い調子で態度の良いカイ。
次から本臭を変えて行い、その1回目は正解。
2回目は正解をポイントしているが、戻ってこようとしたので「探せ!」というと台の前で固まる。
しばらく待ってから、ショックをしてもういちど台に行かせるが、固まる。
もどして、布をさしかえる。
3回目も固まる。
呼ぶと喜んで戻ってくる。
チェーンを持って厳しく叱り、誘惑を少なくして易しく置き換えるが
間違いを咥えてパクパク状態。
しつこく同じ番号に正解を置いて、できるまでする。
でき出すと正解をちゃんと咥えてくることができる。

自主練はホントに気合いを入れてしないと、カイに気を抜かせることになるし、訓練士の先生がおられる時とおられない時とを読んで態度も変わってくるだろうし、などといろんな事を感じた。
焦らず、やりたい時に気合いを入れてしっかりとすることが大事だ。

要は本番で自分自身が「今日は難しい」と弱気になり不安感を持ってしまうことがカイに通じてしまう。
指導手がこのような状態になってはいけない!ということ。


スポンサーサイト



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック