FC2ブログ
カイとの選別の嗅がせ方の先生のやり方を教えていただいて、私は初めはうまくできないし、今までの感じと違うし、違和感があったが、それが回を重ねる毎に違和感が薄れてきているのを感じる。

今までは「気合いを入れなくっちゃあ!カイ!しっかりと嗅げ~!」とカイの気持ちよりも自分が必死になっていたんだなぁ・・・と思う。

先生の嗅がせ方はもちろん気合いは入りながらも、集中してじっくりと嗅がせ、褒めことばをかけ、そしてちゃんと犬に使命感を持たせて送り出している。(選別は作業だから)
言葉や文章ではうまく表現しにくいが、犬と指導手の絶妙なタイミングがあるのよね。
これはよく犬を観察してサインを見つけ、相手の気持ちもちゃんと尊重して訓練しておられるからその犬にあったやり方を見い出せるのだろうなあと思う。

感心ばかりしていないで、私もがんばらなくちゃ!です。
しかし、カイは人をみているので先生の指導手の時と私の時とでは態度が違います。
まだまだ私の時は私の声掛けに一発では聞かない。
それは「○○さんは中ぐらいの強さで言っているから」と!
中途半端ではいけないということ!
この加減がまだわかっていない自分である。
何回もいうよりも一発で聞かせ、無駄をなくさねば・・・。
次回はここから攻めてみよう。
スポンサーサイト



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック