FC2ブログ
福井の反省→

今回は本番前の練習や出す時に先生に見ていただき、アドバイスをしていただけるという安心感があり、自分的に落ち着いて出す事ができた。
(何度も競技会に出ているのに、いつまでも依頼心を持っていてはいけないのであるが、私とカイのペアはまだまだ心の修行が足りない)

カイはこちらが毅然としていないと(緊張や不安感、ドキドキ、焦りを少しでも持つと)すぐにそれを見抜いて真面目に選別しなくなる。
本番に出る前のこちらのカイに対する態度の大切さをすごく痛感したし、いつもながら勉強になった。

今大会はとっても風が強かった。
まず、布をしっかりと落ち着いてカイに嗅がせること、
そしてカイに真面目に選別させる気持ちを持たせること、
しっかりと台へ送り出す事、
を心がけて本番へ臨む。

競技会本番では1分間の時間制限があり、練習では落ち着いていても無意識に焦りが出てしまったりする。(これは平常心でない証拠であるが)自分のいつもの練習で充分間にあっているのでそのタイミングでよいのであるが、今日は風が強いため、慎重になりすぎて長く嗅がせ過ぎたとのこと。

風が右から強く吹いていれば、体でそれをガードして嗅がせるという応用も良いとのアドバイスをしていただく。

カイの1回戦の選別態度は台でよく嗅ぎ、探していたので良かったとのこと。
2回戦は超うすい臭いでカイは全部の布を嗅がずに1番をすぐに咥えてしまったが、今後カイに自信をつけさせながらも薄い臭いにも対応できるような練習を取り入れるとのこと。

平常心、気合い、自信、日頃の練習の積み重ね、研究心、・・・選別とは(他の課目もそうだろうけれど)単純な作業の中にぎっしりと大事なことが詰まっている。
そして犬と人のペアがどちらも力を合わせて一体となれた時の
嬉しさ&楽しさと感動が詰まっているし・・・。
まっだまだ未熟なカイと私のペア。
焦らず一つ一つの経験値を大切に、前進していけたら嬉しい。
スポンサーサイト



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック