FC2ブログ
ふと、今年の訓練の中で印象に残っていて思い出す場面と言えば、調子の良い時の訓練よりも、壊した時の訓練の場面が印象に残っているんだよね・・・。

私が仕事に行き出して仕事後の夕方に訓練の時間を合わして下さり、場所も近くまで来て下さってのある夏の日の訓練日・・・

ゼロ回答の練習で、カイが自分で戻ってくる勇気を持たせたい!との練習で、カイは台の前で「ない!」と固まったまま。
こちらが「来い!」と一言言えば喜んで帰ってくるんだけれど、こちらの声が無くても自分で戻って来れる勇気を持たしたい。
カイはこちらが呼んでくれるのを待っているが、こちらもカイが自分で帰ってきてくれるのを待つ。
御互いに根比べで、どちらも動かずのまま、ずっと時間が過ぎていく。

カイは何を思っているんだろう・・・
早く、戻っておいで~!
こちらの声を頼らずに、自分で判断して勇気を出して戻っておいで!
と私は心の中で念じていた・・・・

そしてこの日は自分で戻ってくることを成功させるまで終わらなかった~!

先生も私も夏の草が多い公園で腕は蚊に一杯刺されっぱなし。
カイが何度目かにやっと自分で戻ってきた時の嬉しさはなんとも言えなかった・・・
先生もカイに「ご苦労様・・・」と!
こうして、カイは少しづつ精神的に強くなれてきているんだと思う。

訓練を通して、私自身もカイの訓練だけではなく他の面においても大いにプラスになっている。
カイの御蔭である。
 
スポンサーサイト



コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック